マタニティーフォト用衣装の準備

マタニティーフォト用の衣装については、直しが可能である時には、利用者のサイズに合わせて対応してもらえるお店もあります。たとえば、ベアトップ型の衣装の場合、ずり落ちてしまうことがなくなるので便利です。採寸をする時には、下着をつけた状態で採寸することがおすすめです。衣装のサイズが実寸のサイズと比較して3cmほど余裕があると、概して美しく着こなすことができることを知っておくといいでしょう。

衣装の丈はふくよかな体型の場合には短くなってしまう場合があるので、その点を考慮しておくことが大切です。マタニティーフォト用の衣装は撮影の間に母体に負担がかからないようにすることを考えて、できるだけゆったりとしたサイズを選ぶようにすると、リラックスして過ごせます。

あらゆる世代の人に合わせた衣装が用意されているケースも多く、自分の年齢に合わせて無理なく衣装を選ぶことができます。衣装に合わせた靴なども、あまりにもヒールが高い物を選んでしまうと転倒の可能性が考えられるので、負担の掛からない、適度なヒールサイズの靴を選んだ方が無難です。店舗によっては、一緒に写真に納まる家族用の衣装も豊富に取り揃えられていることもあります。